価格が高いのはブランド力

ブログを書くのが今年に入って久しぶりになってしまいました
今は垣根工事に入らせてもらっています
後日画像のほうをアップしてみたいと思っています…

さて本日のお題は「価格が高いのはブランド力」
皆さんも見たこと聞いたこと はてまて経験?があるのではないでしょうか
ビニール製で原価は安そうなのに ウン万円もするブランド物の高級バッグ
東京銀座といえば席に座るだけで諭吉先生が大挙していなくなってしまいそうなお店
などなど 一定の相場を越えた価格
世の中には存在します
(ちなみに私は全然縁がありません 笑)

例えば バッグといえばどこの店にでも売っていそうな¥1,000のだって十分使うことができます
でも“ちょっとおしゃれしたい”とか“見栄をはりたい”?なんてときには
やはりブランド物のバッグが力を発揮するのです
もちろんブランド物のバッグもはじめから高い価格で売っていたわけではないでしょう
しかし「信用」と「実績」を長い年月で積み重ねるにつれ
お客様に「安心」を与えられる存在になっていくのです
需要に供給がおいつかなくなり 価格が“自然と”上がっていきます
ユーザーはブランド力の持つ「信用」や「安心」をお金で買うので
「価格が高いのはブランド力」ということができます

植木屋 として考えてきてもやはり同じことが言えます
私は造園業界に進出している(しかも他業種から)大企業 また地域に長年密着した老舗よりも
たいてい安く施工することができます
言ってしまえばブランド力がないからです

お世話になった社長に教えてもらったことがあります
私が「老舗は老舗だからやっていけるんですよね」と言った時に
社長「老舗は時代やお客さんにに合わせて工夫しているから老舗になるんだよ」と
「なるほど」と思いました
ブランド力を作り そして維持していくのは大変なことです

少々長くなってしまいましたが
私も「信用」と「安心」を与えられるような仕事をしていきたいと思ってます…

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン