秋季剪定が始まります

一般にこの業界は剪定等のメンテナンスに関して
盆前・正月前に最も忙しくなるといわれています
これは日本の風習のようで
大切な行事の前には家周りをきれいにしておきたいという心理が働くように思います

年に2回剪定をして欲しいという方であればそれでよいと思うのですが
年に1回の剪定をご希望でしたら秋季に回すのが得なように感じます
多くの樹木は一度春季から梅雨時期にかけていっせいに芽を出し葉を大きく広げます
しかし梅雨が終わり厳しい暑さが来ると一旦成長を休止します
秋季になり涼しくなった9月~10月頃までにまた枝葉を少し伸ばし休眠期に入るという
サイクルとなります

ここで
年に1回の剪定を梅雨時期からお盆前に持ってくると
また萌芽して正月前には形が乱れてしまいます
秋季に剪定すると約半年間はそのままの樹形を保ってくれるので
正月時期もきれいな樹形を保った姿を見られるということになります

ご近所が春から夏にかけていっせいに剪定をしだすと
「我が家が伸び放題だとかっこ悪い」とかんがえてしまう気持ちも分かりますが
秋季に剪定すると
正月時期にはご近所が伸び放題なのに我が家はキレイという状況になります

年に1回剪定をお考えのお客様は
どの時期に一番キレイな姿を見たいかということで判断を下されればよいかと思います

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン