消毒散布と住環境

虫が樹木につくのはとってもいやだし気持ち悪いし
でも薬をまくと近所に迷惑がかかるのではないかと心配したり
どうしたらいいものか悩んでしまう人もいるかもしれません

先日消毒散布の前にお隣の奥さんに声をかけますと
「消毒って体に悪くないの?」と質問されました
みんさんもその点はとっても疑問に感じているのではないかと思います

白黒つければの話ですが…
消毒薬を吸ったり飲んだりして体にいい!という訳ではないのが事実です
しかし,どこまで悪いのかというのが問題となってきます

薬の取り扱いに関する法律に「毒物及び劇物取締法」というものがあります
それは化学物質を 毒物 劇物 特定毒物 普通物 に分類したものなのですが
実は タバコに含まれている「ニコチン」
これはれっきとした毒物に含まれているのです!
仮に普通物の消毒薬を近所で散布している匂いをかいでしまうのと
タバコの副流煙を吸ってしまうのとでは
どっちが危険なのでしょうか??

さらにあげればきりがありませんが…
農家の方が野菜を作るために使用している農薬のほうがずっと強力なものもありますし
害虫やネズミ駆除をするために室内で使用する薬のほうが
樹木の消毒散布に使うものよりも強力なものがあるのです

だからといってやみくもにまきまくってもよいわけではありません
散布する業者としましては
 無駄な量を使用しないこと
 風向きに気をつけること
など努力する必要がありますね

ということで
私は住宅地のお客様のところでは毒物劇物に分類される薬を使わないようにしています

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン