月別: 2011年6月

上手な手入れって?①

ずばり!!
木をいかに小さくまとめることができるか!
(しかもきれいに)
だと個人的に思っています

よく「桜切る馬鹿」といいますが
現実
桜を切らなくても良いほど広いお庭を持っている豪邸は数えるほどしかありません…

お庭に木を植えている限り
そのお庭に合う大きさに剪定してあげなければならないですね
たまに道路にはみ出ていたり,はしごがかけずらかったりで
どうやって剪定したらいいか分からないほどでかかったりします

私が修行に行っていた植木屋でのことですが…
あるお客様のお庭に背の高いカシの生垣がありました
今ではすっきりまとまってそれはそれは美しい生垣でした
以前は幅が両手を左右に広げたほどあったようです
剪定をするのに二人の職人が一日がかりでしたが
強剪定をして幅を半分以下にしたお陰で
今ではひとりの職人が半日で終わってしまいます
美しくなり手入れも安く済みコンパクトにまとまりお客様からたいそう喜ばれていました

木をいかに小さくまとめるか!ということについては
またこのブログで扱ってみたいと思っています

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン

タイトルは何にしようかな? ふっと思ったこと…かな

秋の風物詩的な樹である落葉樹
年中緑を楽しませてくれる常緑樹
バランスよく庭に配置されていると年中見ごたえのあるお庭になりますね

常緑樹は秋の落葉清掃がないぶん楽だなぁ なんて思っている方も多いかも
でも常緑樹も立派な“落葉樹”
芽吹きの時期になると古い葉と入れ替わってかなり落ち葉が出ますね
ヒイラギやキンモクセイ,カシやナノミの木なんかは量がすごいですね

落葉は越冬害虫が住んだり
病気にかかった葉がたまると消毒しても一向に病気が快方に向かいません
常緑樹であっても定期的な清掃を心がけ美しいお庭を保ちましょう!

わたしたち植木屋はお庭を美しくするパートナー
お庭のお手入れの主役はお客様ご自身なのです

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン

かゆいかゆい

やられてしまいました チャドクガに…
年に2回発生するこの虫
剪定していたときは気をつけていたのに…
この虫はホント植木屋泣かせですね
毒針が小さすぎて衣服の上からでも入り込んでしまいます
それが汗で流れて全身に伝わっていく
考えただけでかゆくなりますね
みなさんネットでこの虫を調べてみてください
見かけたときは絶対に近寄らないでくださいね
特にお子様は要注意!!
サザンカ・ツバキ・チャノキをお持ちの方は特に用心しましょう!

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン

マキの透かし剪定

マキは刈り込みにも耐える木なので多くの家庭では刈り込まれます
そのほうが早いですし,費用も安く済みます

今回は松の手入れの要領で芽切り&透かしを施してみました
通風採光を施すことによりアブラムシや
それに起因するスス病などの病害虫を予防することができます
消毒を散布しても隅々まで行き届きますしね
なによりも見た目が見違えるように美しくなります
芽吹の時季には新緑が青々としていて気持ちもさわやかになります

もちろん好みによってこんもりしたマキがマキらしいと感じる方もおられるでしょう
今回のお客様はこの手入れに満足してくださいましたのでとてもうれしく感じます

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン

消毒散布と住環境

虫が樹木につくのはとってもいやだし気持ち悪いし
でも薬をまくと近所に迷惑がかかるのではないかと心配したり
どうしたらいいものか悩んでしまう人もいるかもしれません

先日消毒散布の前にお隣の奥さんに声をかけますと
「消毒って体に悪くないの?」と質問されました
みんさんもその点はとっても疑問に感じているのではないかと思います

白黒つければの話ですが…
消毒薬を吸ったり飲んだりして体にいい!という訳ではないのが事実です
しかし,どこまで悪いのかというのが問題となってきます

薬の取り扱いに関する法律に「毒物及び劇物取締法」というものがあります
それは化学物質を 毒物 劇物 特定毒物 普通物 に分類したものなのですが
実は タバコに含まれている「ニコチン」
これはれっきとした毒物に含まれているのです!
仮に普通物の消毒薬を近所で散布している匂いをかいでしまうのと
タバコの副流煙を吸ってしまうのとでは
どっちが危険なのでしょうか??

さらにあげればきりがありませんが…
農家の方が野菜を作るために使用している農薬のほうがずっと強力なものもありますし
害虫やネズミ駆除をするために室内で使用する薬のほうが
樹木の消毒散布に使うものよりも強力なものがあるのです

だからといってやみくもにまきまくってもよいわけではありません
散布する業者としましては
 無駄な量を使用しないこと
 風向きに気をつけること
など努力する必要がありますね

ということで
私は住宅地のお客様のところでは毒物劇物に分類される薬を使わないようにしています

北九州の造園・庭園管理・エクステリア工事は サンコーグリーン